meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

セルフリノベ開始⑧〜初!!和室のペンキ塗り〜

施工2日目。

 

2階の居室のペンキ塗りに挑戦。

 

f:id:kokotoriri:20190702211036j:plain

2階北側の6畳

 

課題

「和室の砂壁に直接ペンキはいけるのか?」

 

普通は「シーラー」という接着剤のようなものを下塗りしてから、ペンキを塗るものらしい。

 

しかし、リノベ経験者から

「砂壁に直接ペンキはOK。むしろ漆喰みたいでいい感じになる」

とアドバイスを受けた。

 

ほう。

 

そうなのか。

 

いいこと聞いた。

 

よし、とにかく、やってみよう。

 

 

まずは、マスキングテープとマスターで養生。

 

 

f:id:kokotoriri:20190702212322j:plain

養生

やっぱり、皆さんがいう通り、養生はめちゃくちゃ大事。

 

この手間を省くと、後から大変になる。

 

f:id:kokotoriri:20190702212533j:plain

養生

 

養生終わり。

 

残ったペンキで1度目の塗り。

 

北側の部屋はカビが目立ったので、防カビのちょっといいペンキを使用。

 

 

 

ここまで塗ったところでペンキが切れる。

 

f:id:kokotoriri:20190702211216j:plain

ペンキ切れた

 

砂壁の吸収量が多いせいか、思った以上にペンキの減りが早い。

 

 

f:id:kokotoriri:20190702212815j:plain

すげえ半端だ

 

 

 

急いでホームセンターへ。ムサシまで足を伸ばす。

 

昼食後すぐ開始。

 

2度塗り。

 

f:id:kokotoriri:20190702213210j:plain

塗り終わり!!

 

2度塗りが済んだところから養生を剥がす。

 

1回目の経験から「養生はすぐ剥がした方がいい」という気がする。

 

f:id:kokotoriri:20190702213632j:plain

養生をはがす

f:id:kokotoriri:20190702214008j:plain

養生がきちんとできていないと、塗りたくないところを塗ってしまう


 

夕方前に、ようやく塗り終わり。

 

3面のうち、2面しか終わらなかった。

 

慣れない作業のせいか?

 

シンナーのせいか?

 

フラフラする。

 

でも、いい感じ。

 

f:id:kokotoriri:20190702213950j:plain

確かに漆喰っぽい

 

結論。

 

「砂壁に直接ペンキ」は漆喰みたいな仕上がりになる!!

 

やったぜ。 

 

明日は保証協会との面談だ。

 

きょうはこのへんにしておこう。