meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

県の「創業助成金」を申し込もう

県の「創業助成金」をとりあえず申し込んでみることにした。

 

www.yamagata-cci.or.jp

書き込む書類は膨大。

 

もらえるかは不明。

 

リスクあり。

 

 

でも、とりあえずやってみよう。

 

書くのは苦じゃない。

 

 

これまでの融資の相談などでわかったのは

 

「不動産業」関連は、起業の際不利になりやすい、という。

 

「不動産」は、あくまで「資産」であり「事業」とは別物として見られる、という。

 

 

なので、僕は「不動産」部分ではなく、アパートを全棟借りして行う「ゲストハウス」部分で申請することにした。

 

「ゲストハウス」は外国人旅行客をターゲットにしている。

 

実際僕は台湾人客を迎え入れたいと思っている。

 

「インバウンド」は、県が助成するのにまさにもってこいの内容、のはずだ。

 

 

 が、しかし…


書いて数分で手が止まる。


まずストップとなったのが「売り上げシェア」の部分。

 

「ゲストハウス」といえども、実際は「民泊」制度を利用して始めようと思っていた。

 

 

アパートを「ゲストハウス」にするには、「建築申請」と「用途変更」が必要になる。

 

大家さんによると「建築申請」に必要な書類はもう既に紛失してしまっている。

 

「建築申請」は建築士の資格が必要。

 

「用途変更」もそう。

 

1級建築士への依頼が必要になる。

 

いくらかかるのか、費用も時間も調べても結局よくわからない。

 

どのサイトで調べても「専門家に相談しましょう」しか載っていない。

 

むむむ。

 

 

そこでハードルを下げる方法が1つある。

 

100㎡未満なら「用途変更」だけで済むようだ。

 

ただ、これも建築士への発注が必要になる。

 

 

ここでまた問題が発生する。

 

100㎡の「ゲストハウス」だと20人も宿泊できない。

 

それでは食べていけない。

 

「業」として成り立たない。

 

「業」として成り立たない事業となれば

 

「じゃああなたは何で食べていくのさ?」ってなる。

 

「いや、テレビ業とか、不動産賃貸とかで補おうかなと…」

 

「それ、事業と言えますか?」ってなる。

 

そんな人に助成しないよな〜。

 

 

 

 

 

じゃあ、ゲストハウスではなく「民泊」として申請してはどうだろうか。

 

民泊は記者時代、がっちり取材した。

 

改めて調べてみる。

 

アパートをサブリースして民泊するとなると

 

住宅宿泊管理業者」

 

なるものに登録が必要なのだという。

 

そして、資格が必要とされる。

f:id:kokotoriri:20190609120701p:plain

住宅宿泊管理業者に必要な資格

出典:住宅宿泊事業(民泊新法)届出登録申請書類ダウンロード | 民泊の教科書

 

(主に、不動産業者が対象となるわけだが、取材した当時、山形の業者は「金にならない」と消極的だった。)

 

 

結論。

 

僕は「住宅宿泊管理業者」の資格がない。

 

試験もまだまだ先のものばかり。

 

僕は「住宅宿泊管理業者」になれない。

 

この状況で「サブリースで民泊」をやるとすると2択になる。

 

・大家さんに民泊事業者として登録してもらう

宅建を持っている友人に登録してもらう

 

う〜む。

 

登録もなかなか面倒で大変。

 

簡単に相談を持ち込むレベルではない。

 

 

さあて、どうしようか。

 

とりあえず、「アパートサブリースでゲストハウス運営」で融資を申請してしまったが、この見通しの甘さを突っ込まれたら、融資の話も終わりだ。

 

とりあえず今の僕に残された選択肢は、

・100㎡未満でゲストハウスにして、県の助成金はあきらめる。

・お金と手間ををかけて用途変更し、完全なゲストハウスにする。

・なんとか大家さんか宅建所有者の友人に民泊登録をお願いする。

 

の3択となる(民泊の再委託は禁止されているので、宅建所有者に依頼はNGらしい)。

 

100㎡未満が200㎡未満に法律が緩和される、という噂もあるが、あてにはできまい(法律は通ったらしい。今月中にも施行になるようだ)。

 

さあて、どうするか。

 

先に進めば進むほど、自分の甘さが露呈する。

 

でも、もはや突っ走るしかないのだ。