meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記(今はコロナウイルスがらみばかり)〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった38歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

「創業計画書」を練ってみる

4月7日(日)

 

さてきょうは何をしようか。

 

やるべきことは山ほどある、はず。

 

DIYベッド造り?

 

いや、

 

・タイヤ交換

 が先か。

 

どれ、タイヤ交換するか…

 

いや、午前の頭が回る時間帯にやるのはちょっと惜しいな…

 

頭脳が必要なこと…

 

何があるっけ??

 

そうだ。

 

・商工会議所への相談の準備

がある。

 

そのために

・事業計算書の作成

を済ませなきゃ。

 

 

そうしよう。

 

午前は事業計画書の作成だ!!

 

 

スタバへ。

 

 

とりあえず何かを始めるときは、先駆者をまねぶのが一番。

 

「事業計画書」で検索すると、

各金融機関で「事業計画書」の雛形を準備していることがわかった。

 

僕は、融資を求めることになるであろう「日本政策金融公庫」の「創業計画書」のエクセル版をダウンロードした。

f:id:kokotoriri:20190407230736p:plain

創業計画書

https://www.jfc.go.jp/n/service/dl_kokumin.html

 

 

僕のパソコンはマックなので、エクセルがない。

 

マック版エクセルの「ナンバーズ」で打ち込むのがまたなかなか難儀。

 

退社の際に、テレ朝の人に買ってもらった本

「Pages・Numbers・Keynoteマスターブック Pages・Numbers・Keynoteマスターブック (Mac Fan Books) で、マック版ワードの「ページズ」、「ナンバーズ」の使い方を調べながら作成する。

 

本自体は分かりやすい。

 

 

慣れないソフトに苦労しながらも、文章の部分は楽しく書けた。

 

しかし。

 

しかし。

 

金額の部分でピタリと手が止まった。

 

ここを記入するためには、もっと細かい計算を積み上げる必要がある。

 

細かい計算の積み上げは、もっと何かしらの準備が必要だ。

 

何の準備が必要なんだろう?

 

よくわからない。

 

何がわかっていなんだろう?

 

それもよくわからない。

 

 

ここで時計は12時を回った。

 

集中力も切れた。

 

店を出よう。

 

 

 

僕は、歩いてブックオフに向かった。

 

起業のブースを眺めてみる。

 

一冊の本が目に留まった。

 

 オールカラー 個人事業の始め方「個人事業の始め方」

 

 

読みやすく、僕が欲しい情報が載っていた。

 

個人事業主は届け出るだけ。手数料は発生しない

・日本政策金融公庫は融資を引き出しやすい

・融資にもいろんなパッケージがある

自己資本は、融資額の30%〜50%が多い

 

いい本だ。これに沿って金額を算出できる部分もありそうだ。

 

1400円定価。

 

ブックオフでの販売価格は1000円。

 

メルカリを検索。

 

650円で「状態はいい」という。

 

メルカリでいいや。

 

 

帰宅。

 

双子が待っていた。

 

「papa回来了!papa回来了!!」

 

彼女たちが昼寝に向かったのを見届けて、タイヤ交換した。

 

そして、メルカリで買った丸ノコを試してみた。

f:id:kokotoriri:20190407232251j:plain

マキタ・丸ノコ2002年製 サビがひどいが切れた

 

きれいに切れた。

 

テンションが一気に上がる。

 

タイヤ交換の疲れも癒される。

 

あすには、 BLACK + DECKERの商品が届く。

 

頭を使っていろいろ練ったら、DIYでマインドフルネス。