meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった38歳。扶養や住宅ローンを抱える中、パパ業に全力を尽くすため会社辞めてました。セルフリノベで2軒の大家になりました。このブログでは、赤字生活で始まる脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで」。

気になる記事~山形新聞から~

【新型肺炎・蔓延を待つのみ】日本政府のヤバさは変わらず。自分で自分の身を守りましょう

もう新型肺炎の感染は広がっている前提で書きます。 僕は 東京・大阪を中心に、 たくさんの潜伏期間の方がいると思ってる。 これからいかにパンデミックを最小限にとどめるか、が 今の勝負どころ。 でも、 相変わらず政府はその対応をとらない。 残念だ。 き…

【とにかく双子に感染させないために】政府は当てにならないのがよくわかる記事が連日掲載される

今回の新型肺炎を巡っては、 日本でのパンデミックはもはや避けられない、と思う。 経済への大きな打撃も避けられない。 我が家の経済状態をも直撃するだろう。 いかに 自分や家族を守るか、に尽きる。 併せて、 「日本がどんな国なのか」を観察する絶好の機…

【危機感を煽るつもりは全くなし】知ってほしい日本の行政の現実~厚労省という組織の考え方~

この原稿を書く上で 3つの前提があることをあらかじめお伝えしておきます。 記者業をしてきて思うこと。 僕は行政が好きじゃない。 行政の人は基本守りだ。 前例に従って行動するのが基本だ。 でも「いざ」「想定外」に備えておくのが 行政の仕事でもあるは…

【山形に衝撃走る】なぜ山形県唯一の百貨店は消えたのか?地元紙記事をまとめてみた~山形の百貨店は令和に入っても昭和が続いていた~

あの「大沼」がつぶれる。 山形県に激震が走った。 これで山形は、全国で唯一、百貨店のない都道府県となった。 1月27日付け山形新聞 「大沼」は山形県で知らない人がいない、 百貨店のトップ。 江戸時代から山形の中心街を、 中心街たらしめてきた老舗で…

【これで大丈夫??】新型コロナウイルス情報への疑問〜厚労省は対応能力不足〜

新型コロナウイルスが気になって仕方がない。 「正しく恐れる」ことができないのだ。 というのも 絶対的に「情報が足りてない感」があるからだ。 僕の中で一貫してあるのが 「厚生労働省は管理能力が足りてないのでは?」 ということ。 初動の遅さもそうだっ…

【地方には地方で負けられない戦いがある】どうなる?山形県知事選~選挙まで1年を切り具体的に動き出した~

山形県知事は、現在3期目だ。 政治家一家に嫁いだ普通の主婦が、 祭り上げられて選挙に出馬し 当選してしまった。 当時、負けてしまった現職知事は、 職員からも評判が悪かった。 みんな口をそろえて 「ものすごく優秀な人」というが 「ものすごく冷淡な人…

【香港がこれからヤバいのでは?】あした、香港人グループと1日一緒なんだけど調べてたら香港の危機管理が日本以上にヤバい

新型コロナウイルス、どんどんヤバいことになってますね。 恐ろしいのは潜伏期間が最大2週間もあること。 元気いっぱいに日本に入国してても 実は感染者って可能性は十分ある。 と、専門家も言っている。 2020年1月29日山形新聞 大阪府の女性バスガイドは …

【双子にはうつさないで】国内感染も発生。そもそも初動が悪かったせいで、新型コロナウイルスの本当のところはもはや誰もわからない

新型コロナウィルスがニュースになったとき、 日本での報道は、 「対岸の火事」感があった。 これは、1月12日の山形新聞に掲載された、共同通信が配信した記事だ。 2020年1月12日山形新聞・国際面① 記事から、 記者が「中国政府の発表」を信用していない…

笑える記事をありがとう~日本のパパは大変だ。山形新聞の社会面におもしろい記事と小泉大臣の育休宣言~

小泉大臣が育児休暇をとることにして 男性育休の話題が増えた。 すごい波及効果だ。 「空気を変える」。 僕も育休を取ることで まさに職場の空気を変えたかった。 でも、変えられなかった。 職場の空気すら換えられなかった僕にとって 社会の空気を変えよう…

【残念】小泉大臣の育休の発表に関する記事~共同通信の見識疑う~

小泉大臣が育休取得を発表したことに 案の定 新聞記事には、賛否両論が掲載された。 前段記事: 小泉大臣、育休取得~育休経験者が感じること~ 1月17日付山形新聞 記事では・先駆者の応援する声 ・子育て関係者の「2週間では足りない」との声 ・「パフォ…

今朝の山形新聞のコラムが興味深かったので紹介したい~分析が得意なグーグルが自社を分析した結果~

コーナー「気炎」。おそらく山形県在住者の名分 グーグルが業績のいいチームとそうでないチームを分析した。 その結果 チームの業績向上のポイントは 「人間対人間としての配慮」ということになるらしい。 何をいまさら…という気がしませんか? でもそれが、…

フィンランドの女性政界進出がすごすぎる~日本がマネするところは?→まず我々子育て世代の投票率アップから始めるべき?~

先日、フィンランドで30代女性の首相が誕生しました。 (12月22日山形新聞国際面・共同通信電) 12月22日付け山形新聞 首相の子供は2歳 首相含め4人が30代閣僚 日本もこんな社会になってくれればいいな、と思う。 なにせ今の日本の首相も、自…

ボーナスと女子アナ~脱サラしたことがちょっとだけ寂しくなる日~

夕食時 「きょうはボーナス日だなぁ」 と呟く寸前、 言葉をぐっと飲みこんだ。 そして妻をチラリと見た。 僕が言葉を飲み込んだことを、 妻は気付いていないことを確認して ちょっとほっとした。 12月10日。 数日前、 ふと、この日付けに目が留まった。 …

気になる記事〜賃貸セミナー〜

10月11日(金) 山形新聞朝刊の記事。 20191011 記事の内容 ・平均寿命延びる➡︎高齢者世帯のニーズ増 ・世帯数減も賃貸住宅は増➡︎空室・空き家は増 ・外国人増加➡︎意識改革が必要 来年4月に賃貸に関する民法が改正されるらしい。それがこちら。 改正民…

不動産投信、12年ぶり高値〜きょうの気になる記事〜

・REIT=不動産投資信託 ・国債金利の著しい低下で、分配金の多いREITに流れている ・大都市圏のオフィス空室率は低く、物流施設の需要高い。 ⇨今のところ不動産市場は底堅い ・地域銀行がREITの買い手になっている ・「日本株が停滞する中、REITだけが好調…

不死身??ヤマザワ名誉会長〜きょうの気になる記事〜

山形県民なら知らな人はいない、地域最大手・スーパーヤマザワ。 その創業者・山形進氏(89)が、今年5月の株主総会で、突然クーデータを受け、スーパーの経営から切り離された。 理由は 「経営判断ができなくなっている」というものだったと記憶している。…

山形市長の敵は、役所職員〜きょうの気になる記事〜

山形市長選挙が、来週告示される。 山形新聞 記者時代、歴史的な激戦となった4年前の選挙戦を担当した。 僕は、当選する方を、非自民系と見込み、そちらをメインで担当した。 しかし彼は落選した。 完全な戦略ミスだったと思う。 当時、国会が安保法案で盛…

きょうの気になる記事〜山形県産酒はやはりレベルが高い〜

山形新聞記事 中国で開かれた日本酒の品評会。 中国では日本料理店が急増しているとう。 そんな中、全体で出品された108銘柄中金賞32銘柄。 そのうち4品種で金賞だったという。 k 日本酒の中国輸出は、大きな可能性を秘めている。

過去の気になる記事〜山形ローカル局・売上事情〜

今年6月の山形民放4局の決算情報。 各社売上。 山形放送 46億6370万円 (日テレ系列・ラジオあり) 山形テレビ 36億1890万円 (テレビ朝日系) テレビユー山形 25億4050万円 (TBS系) さくらんぼテレビジョン 25億8410万円 (フジ系) 山形放送(YBC) 山…

きょうの気になる記事〜中国地方都市への輸出〜

妻の実家は、中国は河北省の唐山市という場所だ。 北京から車で3時間くらい。 日本でいうと、川崎のようなイメージだろう。 首都の近くにある工業地帯。 PM2.5の元凶でもある(実際、現地にいると2キロ先が見えないし、鼻毛の伸びるスピードが異様に早い)…

気になる記事

8月7日 山形新聞に気になる記事を見つけた。 外国人の相談をワンストップで受け付ける窓口が、4月に開口したという。 絶対にやらせの写真だけど、そこは仕方がないだろう。 8月7日付け山形新聞 外国人の相談の中に、とっても気になる内容が… 外国人の悩…